2011年03月15日

公立高校はマスト、有名私立も狙える受験英語

>>今すぐ、高校受験英語をマスターさせる秘密をチェックする

いつも、当サイトをチェックしてくださいありがとうございます。

今日は、おもしろいデータからご紹介しましょう。
それは、

 高校受験英語の問題の64%は、
 中1・2年の範囲から出題される


という事実です。

つまり、もしあなたのお子さんが
中学1年・2年の英語をさぼってしまい、
さぁ受験だという3年生から必死に勉強しようとしても
1・2年の基礎がないと、どうにもならないということを
示しています。
>>「うちの子に当てはまる」と思った場合はこちらをチェック

もし、1・2年の英語が頭に入ってなかったとしたら、
お子さんがとれる対策はだいたい次の2つくらいでしょう。

 ①塾の回数を増やして、1・2年の復習にあてる
 ②夏期講習で詰め込む

これくらいだと思います。
意味がないとはいいませんが、費用もかかりますし、
何よりお子さんに負担がかかりますよね。

部活をやめさせなければならないかも知れませんし、
そんなことになったら、お子さんは楽しい中学生活を
送れるのでしょうか。

効率よく、ちゃんと公立高校合格できる英語を
身につけさせる方法はあるものですので、
このブログでこれからも紹介していきますね。
>>今のところ、この勉強法がいいと思っています




このブログは公立高校に合格させる受験英語の秘密を公開しています



















中国語の通訳案内士になりたいなら
中国語の通訳になるなら知っておきたいこと



サラリーマンのための中国語勉強法
ゼロから中国語翻訳者になるための勉強法


よくある英語勉強法(ヒアリ●グマ●ソンとか)にダマされないために
英会話初心者でも必ず身につくレッスンがあるとしたら?

30歳からはじめて980点とったTOEIC勉強法


posted by えいごごうごう at 09:52| Comment(14) | 高校受験の英語 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。